eM client
一覧に戻る
2021.09.30

eM Client 8.2 IMAPを使用するMicrosoft outlook.comアカウントに関する問題

2021年9月24日、Microsoft社は事前通知なくメールサーバーにいくつかの変更を加え、アカウントで利用するIMAPプロトコルのOAuthログインを無効にしました。
この変更は、outlook.com、hotmail.com、live.com、msn.com、およびその他のMicrosoftアカウントの無料ドメインに影響を与えていることを確認しました。 お客様のアカウントが影響を受けているかどうか確認する方法は、アカウント名の横に赤い三角マークが表示されます。このエラーが表示された場合はアカウントの設定を変更してください。

この問題を回避するには、IMAP-XOAUTH2ログインを使用しないように、アカウントを手動で設定し直す必要があります。

設定方法について下記をご確認お願いします。

ご注意:
2段階認証を使用している場合は、eM Client用のアプリのパスワードを事前に作成して使用する必要があります。

  IMAP(手動設定)
  1. 「メニュー」 > 「アカウント」を選択、「アカウントの追加」をクリックします。
  2. 「新規アカウント」ウィンドウで、「メール」>「その他」を選択します。
  3. ご利用のMicrosoftアカウントのアドレスを入力し、先に進みIMAP を選択します。 以下の設定を入れます。
    受信サーバー: imap-mail.outlook.com
    送信サーバー: smtp-mail.outlook.com
  4. 残りの設定を終了する
  5. 以前のIMAP設定を削除または無効にする
Exchangeの設定:
  1. レジストリファイルをここからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルをeM Clientを終了した状態で実行し、変更内容を確認します。
(レジストリを手動で設定する場合)
上記のファイルを使用する代わりに、必要なレジストリキーを下記の手順で設定することも可能です。
    1. Regeditを実行します。
    2. Computer\HKEY_CURRENT_USER\Software\eM Clientに移動します。
    3. DWORD項目「AllowExchangeOnlineOAuth」を追加し、その値を0に設定します。
    4. この状態でeM Clientを起動します。
アカウントの設定:
  1. 「メニュー」>「アカウント」を選択し、「アカウントの追加」をクリックします。
  2. 「新規アカウント」で「メール」>「Exchange」を選択します。
  3. 「メールアドレス」と「ユーザー名」の欄には、Microsoftのメールアドレスを使用します。
  4. 残りのセットアップを終了します。
  5. 以前のIMAP設定を削除または無効にします。
このページの一番上へ