よくある質問

eM Client の新しい使用方法

ここでは、eM Client の基本的な使用方法や新しい使用方法について、よくある質問と回答をご紹介します。


  • 「ローカルフォルダ」とは何ですか?

    ローカルフォルダとは、サーバーと同期されていないフォルダです。つまり、サーバー上のリモートではなくお使いのコンピュータに保存されます。メールをローカルフォルダに保存する理由はさまざまです。たとえば、メールをそこに移動またはコピーして、サーバーのスペースを確保したり、サーバーに障害が発生した場合に保護することができます。

  • 「スマートフォルダ」とは何ですか?

    スマートフォルダは、すべてのメールアカウントの受信トレイ、送信トレイ、送信済みメール、下書き、迷惑メール、未読、またはフラグ付きメッセージを一度に含む仮想フォルダです。これらは、サイドバーにあるメール欄の個々のアカウントのフォルダの上にあります。この機能を使用すると、個別のアカウントを個別に確認することなく、すべてのメールをチェックすることができます。

  • データベースの場所を変更するにはどうすればよいですか?

    データベースの場所を変更するには、「メニュー」>「ツール」>「設定」>「全般」>「ストレージ」の順にクリックして、アプリケーション設定にアクセスします。ここで、データベースフォルダの場所を変更できますが、元々のデータベースの場所は新しい場所にリンクされているため、フォルダを完全に削除することはできません。この点について予めご了承ください。

  • どのようにルールを設定できますか?

    「メニュー」>「ツール」>「ルール」の順で選択後、表示された「ルール」画面で「新しいルール」をクリックします。以後は画面の指示に従ってルールを作成してください。

  • ショートカットを編集するにはどうしたらよいですか?

    「メニュー」>「ツール」>「設定」>「全般」>「ショートカット」の順に選択します。変更するショートカットをクリックし、ショートカットに使用したいキーの組み合わせを入力します。これは自動的に変更されます。

  • すべてのデータを別のコンピュータに移動するために、データベースをバックアップするにはどうすればよいですか?

    設定を含むすべてのデータを別のコンピュータに転送する最も簡単な方法は、データベースフォルダ全体を移動 / コピーすることです。 データベースにアクセスする際に、eM Client が実行されていないことに注意してください。深刻な問題やデータの損失を招く可能性があります。

  • バックアップ間隔を変更するにはどうすればよいですか?特定の日時にバックアップが実行されるようにスケジュールするにはどうすればよいですか?

    まず、「メニュー」>「ツール」>「設定」>「全般」>「バックアップ」にアクセスして、「定期的なバックアップを行う」チェックボックスがオンになっていることを確認します。バックアップが保存されると、バックアップを保存するフォルダ、保存する頻度、保存するバックアップの数を設定できます。(一度に5つの異なるバックアップを保存できます。)

    その後、Windows の「タスクスケジューラ」ツールを開きます。タスクスケジューラライブラリをクリックし、中央のウィンドウに eM Client Database Backup とその他​​のタスクが表示されます。それをダブルクリックしてプロパティを開き、「トリガー」タブでバックアップを実行する日時を編集することができます。

  • 検索はどのように使用しますか?

    ルールやカスタマイズ可能なフォルダなどの機能を使用してメールを並べ替える場合でも、特定のメールを見つけるのは困難です。フォルダを手動で移動することもできますが、「検索機能」を使用するだけで、探しているメールをすばやく見つけ出すことができます。

    「検索機能」の使用は簡単です。 eM Client 画面右上に「検索バー」があります。このバーを使用して、メールのタイトル、本文、送信者のアドレスなどをキーワードとして検索できます。ここにキーワードを入力してください。入力したキーワードがメールアドレスである場合、eM Client はあなたの連絡先リストに登録されているメールアドレスに基づいて検索結果をリストアップします。あとは「Enter」押すだけで、キーワードに基づいたメールのリストがポップアップで表示されます。

    さらに高度な検索を行うには、検索バーに「?」と入力すると、ドロップダウンメニューが表示されます。返信、メールの本文、メールに添付ファイルがある場合、特定の日付の前後に送信された場合など、キーワードを指定することで検索範囲を絞り込むのに役立ちます。検索バーの最後にある矢印をクリックして高度なオプションのリストを表示して検索範囲をさらに絞り込むこともできます。高度なオプションを使用すると、いくつかの異なる検索を組み合わせて、あなたが探しているメールを正確に見つけ出すことができるようになります。

  • アカウントを削除するにはどうしたらよいですか?

    eM Client には複数のアカウントをリンクできます。しかし、何らかの理由で、eM Client にリンクされた特定のアカウントを削除したい場合は、ほんの数秒でアカウントを削除できます。

    まず、「メニュー」>「ツール」>「アカウント」の順にクリックします。ダイアログボックスの左側に、eM Clientにリンクしているアカウントのリストが表示されます。各アカウントの横に小さなごみ箱アイコンが表示されます。クリックすると、アカウントが削除されます。

    (eM Client 6 では、アカウントのリストの下に「アカウントを削除」ボタンがあります。削除するアカウントをハイライト表示し、このボタンをクリックしてアカウントを削除します。)

  • 左側のパネルでアカウントの順序を変更するにはどうすればよいですか?

    新規アカウントの追加やアカウントの削除について説明しましたが、次は、アカウントの順序変更について説明します。 「メニュー」>「ツール」>「アカウント」をクリックします。ダイアログウィンドウがポップアップ表示され、eM Client にリンクしているアカウントのリストが表示されます。これらのアカウントの順序を変更するには、そのアカウントの1つをクリックします。次に、アカウントリストの直下に矢印が付いた2つのボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、選択したアカウントが上または下に移動します。メイン画面の「メール」タブでアカウントの順序が変更されます。

    注意:これはデフォルトのアカウントを設定する方法と同じではありません。手動で別のアカウントをデフォルトに設定しない限り、一番上にあるアカウントがデフォルトのアカウントになります。

  • カレンダーにデフォルトリマインダーを設定するにはどうしたらいいですか?

    eM Client のカレンダーのデフォルトリマインダーステータスは「リマインダーなし」に設定されていますが、個々のカレンダーフォルダのデフォルトリマインダーの時刻はプロパティメニューで調整できます。カレンダーフォルダ(メールアドレスの下にある左側のフォルダ)を右クリックし、「プロパティ」を選択し「全般」タブでデフォルトのリマインダーを設定します。

  • 重複したメール、連絡先、イベント、タスクがあります。どうすれば重複を削除できますか?

    「メニュー」>「ツール」>「重複検索」を選択すると、メール、イベント、タスク、連絡先に重複削除機能を実行するかどうかを尋ねるウィンドウが表示されます。アイテムの種類を選択し、「次へ」をクリックします。

    一つのフォルダまたは複数のフォルダのグループを検索することができます。このウィンドウで、重複削除するフォルダ / アカウントを選択する必要があります。フォルダ / アカウントが選択されていない場合、エラーメッセージが表示され、続行できなくなります。フォルダを選択して、「次へ」をクリックすると重複したアイテムはすべて削除されます。

  • なぜ配布リストを Gmail アカウントと同期できないのですか?

    eM Client を Gmail アカウントと同期させた場合は、配布リストをサーバーや他のデバイスと同期させることができないことをご存知かもしれません。Gmail は配信リストをサポートしていないため、これは残念ながら不可能です。ただし、配信リストは eM Client とローカルで同期されますので、アプリを使用中にリストを使用することができます。

  • eM Client からデータをどのようにエクスポートできますか?

    eM Client は、すべての標準ファイル形式のエクスポートに対応しています。メールメッセージ形式 (eml)、カレンダーやタスクを icalendar ファイル (ics)、連絡先を VCard (vcf) でメールをエクスポートできます。「ルール」を使用してアカウント設定を XML ファイルにエクスポートし、eM Client の別のインスタンスにインポートすることもできます。

  • eM Client を使用してメールをアーカイブするにはどうすればよいですか?

    アーカイブにはローカルのアーカイブとサーバー側のアーカイブの 2 種類があります。

    ローカルのアーカイブの場合、eM Client には自動アーカイブ機能があり、選択した日数より古いメッセージをすべてサーバーからダウンロードし、ローカルドライブに保存しておくことができます。このオプションは、「メニュー」>「ツール」 >「設定」>「メール」>「自動アーカイブ」の下にあります。

    サーバー側のアーカイブの場合は、ツールバーの「アーカイブ」ボタンを使用する必要があります。このツールバーは、サーバー側のアーカイブをサポートするメールサービス(通常は Gmail)でのみ機能します。

  • ツールバーをカスタマイズするにはどうしたらいいですか?

    ツールバーをカスタマイズするには、ツールバーの任意の場所を右クリックし、「カスタマイズ」を選択します。表示されるウィンドウで、追加、削除、矢印ボタンを使用して、ツールバーアイコンの順序を削除、追加、または変更します。

    (この機能は eM Client 7 でのみ使用できます。eM Client 6 ではこの機能はサポートされていません。)